<img height="1" width="1" style="display:none" src="https://www.facebook.com/tr?id=1111921015674047&amp;ev=PageView&amp;noscript=1">

コラム

20代のベンチャー転職に大切なこと~ポテンシャル層の20代では、「できることを強く主張」したらダメ?!~

20代キャリア

    目次

企業目線で「あなたを採用するメリット」を考え、その点をアピールする

まず世代に関係なく、転職活動において最も重要なのは「企業があなたを採用するメリットを証明すること」です。つまり、採用企業の身になって、他の人ではなくあなたが選ばれるべき理由を考え、それをアピールできるようにしておくことが大事なのです。

求職者の志望理由として、最近よく聞かれるのが「社会貢献性の高い企業で働きたい」といったもの。「SDGsが~」「持続可能な~」というのもあるでしょう。それは、その企業へのリスペクトや好感を示すものではありますが、その先の「その企業があなたを採用するメリット」にまで落とし込んだうえで志望していなければ、内定は出にくいでしょう。

では、どのように、あなたを採用するメリットを証明するのがよいのでしょうか?

即戦力が求められる30代とは違って、20代はポテンシャル層と見なされることが多いため、「できることを強く主張する」のは、実は賢明ではありません。それよりも最低限できることを押さえつつ、むしろ「やりたいこと」を正しく伝えられるようにしておくことの方が重要です。

また、「やりたいこと」というと、「経営企画にチャレンジしたい」「ベンチャー企業でゼロイチを経験してみたい」などというフレーズが浮かびがちですが、職種やポジション、環境というのはゴールではなく手段に過ぎません。ここでいう「やりたいこと」は、「目指したいゴール」であるべき。つまり、それに携わることで、あなたの希望の何が叶うのか。その手段で何を達成したいのか、が重要です。

「キャリアで目指すゴール」から逆算して、必要なものを転職で手に入れる

そして、20代での転職活動を成功させるためには、その「目指したいゴール」から逆算すると今、自分がどういう状況や段階にあるのかを内観し、自身を見つめ直す必要があります。自分が今できることを客観的に認識し、目指すゴールに向けて必要なものや現在の環境では足りないものなどを考えてみるとよいでしょう。

その際には、人材エージェントがよいアドバイザーとなってくれるはずです。自分の現在地が分かっていない。どうやったらよいか分からない、といった場合にも、きちんと向き合って、示唆を与えてもらえるようなキャリアアドバイスを求めてみてください。

さらに、人材エージェントに頼れる事柄としては例えば、そのゴールの方向性について、自分本位なものでよいのか、あるいは採用企業や世の中と接続されている必要があるのか、の判断などがあります。自分本位というのは「私自身のスキルアップのため」「ユニークなスキルを身につけたいから」といったものですが、企業によってはそれを成長意欲やエネルギーと捉え、良しとする場合もあります。しかし、それよりも「顧客を増やすという大きなインパクトを所属企業で得られるから」など、社会との関連でゴールを考えているような人材を好む企業もあるものなのです。あなたが希望する企業がどちらのタイプなのかは、優れた人材エージェントであれば把握しているはずです。そんな風に人材エージェントを活用することも、20代のベンチャー転職を成功させるためには大切です。

 

1分で登録完了!転職のプロがあなたをサポート無料転職相談無料転職相談

複数の選択肢から検討できるよう、1社に絞らず、複数社を受けてみる

また、当社がベンチャー企業の採用支援を数多く行ってきた経験から、20代でのベンチャー転職を成功させた人に共通する転職活動のポイントを考えると、「数多く受けること」が大事だといえます。どの企業が、どの業界・業種があなたのスキルや意欲を高く評価してくれるのかを、数多く試してみることが良いのです。最初から絞り込んでしまいすぎると、可能性の機会損失につながってしまうことでしょう。その際にも「目指したいゴール」を叶えるためにはいろいろなルートがあると考えるなどして、複数社を受けてみることが、成功だと思える転職に導いてくれるのです。

20代であれば、採用市況にはよりますが、比較的内定は得られやすいともいえます。それでも1社しか受けていなければ、内定は出ても1社だけ。その1つに思い切って飛び込んでみるとなった場合には、転職自体にやはり不安を感じてしまうようなこともあるでしょう。複数社、たとえば5社受けて3社の内定を得られていれば、3つの選択肢を比較検討でき、自身の目指すゴールのためにより良い選択ができ、結果としてその転職を成功させることができるのです。

自立・自律の気風が強いベンチャーでは、「WILL」が強く求められる

もう一つ、「ベンチャー企業」への転職ならではのポイントとしては、すでにその企業の中にいる人たちが、20代でも自立・自律しているケースが多いということがあります。少なくともカバン持ちや見習いといった控えめな感じではなく、自立・自律してパフォーマンスができているのです。そうした環境に入っていくときに、あなた自身も自立・自律して、ある分野の知識・経験に長けているレベルまでは必要ありません。ポテンシャルがあるというレベルで大丈夫ですが、自立・自律に向けた意識や覚悟は必須といえます。「教えてください」「育ててください」というスタンスは、ベンチャー企業では最も嫌われるもの。あなた自身が「WILL」を持って、スキルや情報を自ら取りに行く姿勢を示すことが、ベンチャー企業への転職活動では肝要です。

自己分析する際の「WILL/CAN/MUST」の軸でいえば、20代では何より「WILL」が重要で、「CAN」は小さくてもよく、「MUST」はそれなりの大きさが求められるというイメージです。ちなみに、30代などに歳を重ねていくと「CAN」や「MUST」の比重が高まり、かなりシビアにそれなりのものを求められることになります。これは、20代であれば強い「WILL」で大きなチャレンジや転身ができるということでもあります。ぜひ、適切なアドバイスに基づいて自身を棚卸しし、仕事観や人生観をもふまえてゴールを設定して、20代でのベンチャー転職を成功させてください。

プロコミットでは、ベンチャー・スタートアップ企業への転職をご希望の方へ、経験豊富なコンサルタントが転職に関するアドバイスや求人のご提案をさせていただいております。面接や退職時の手続きまで、無料で一貫サポート。お気軽にご登録ください。

1分で登録完了!転職のプロがあなたをサポート

無料転職相談
無料転職相談

プロコミットの転職支援サービスの流れ

1

無料転職相談へのご登録

求人状況を確認し、面談のご案内をお送りします

2

コンサルタントと面談

転職のご要望や将来のイメージをお伺いします

3

求人情報のご提供

あなたのキャリアに最適な求人情報をご紹介します

4

企業へのご推薦と進捗

面接日の調整や面接対策もお任せください

5

内定前後のサポート

勤務条件の交渉や円満な退職をサポートします

転職に役立つ最新情報をメルマガで配信中!