<img height="1" width="1" style="display:none" src="https://www.facebook.com/tr?id=1111921015674047&amp;ev=PageView&amp;noscript=1">

コラム

30代のベンチャー転職で大切なこと ~幹部レベルの即戦力が期待される30代は「担う」「もたらす」「変化する」覚悟が大事

30代のベンチャー転職で大切なこと

    目次

幹部候補となる30代では、実践レベルの「組織・ビジネス構築力」が必須

まず世代に関係なく、転職活動においては「企業があなたを採用するメリットを証明すること」が最も重要です。つまり、採用企業の立場から、他の人ではなくあなたが選ばれるべき理由を考えて、それをアピールできるようにしておきましょう。

では、30代ではどのように、あなたを採用するメリットを証明すべきでしょうか?

転職活動において、30代は即戦力を期待されます。さらにベンチャー転職であれば、経営幹部となる可能性が高いもの。そこで求められる素養は、大きく2つあります。
まず1つ目は「組織やビジネスの構築力」としての、リソースマネジメント力、ピープルマネジメント力。そして、ベンチャー企業のフェーズによっては、事業を作り上げていく力も求められます。これらの能力については、20代のように「WILL」だけではダメで、経験値の高さも同時に求められる。それが30代ならではです。さらに、経営企画など、その先に事業経営を見据えるポジションでの採用であれば、組織を構築できるかどうかがとりわけ大きく求められるケースが多くなっています。

自己分析する際の「WILL/CAN/MUST」の軸でいえば、20代ではとにかく「WILL」が最重要ですが、30代では「CAN」や「MUST」の比重が高まり、かなりシビアにそれなりのものを求められることになります。それなのに30代でこうしたいのだと「WILL」を語ってしまうと、なぜもっと早く舵を切らなかったのか。決断が遅いのではと言われてしまうでしょう。だとすれば、当社とはスピード感が合わないということで、見送られてしまいます。

「分かったつもり」はキケン! アンラーニングの姿勢で、真のフィットを目指すべき

即戦力の30代が求められる、2点目が「アンラーニングできる素直さ」。つまり、これまでのキャリアで培ってきた知識や常識、価値観などにとらわれずに、新たに学びなおすことが意識して行えるかになります。シニアの再雇用においてよく言われることですが、実は30代においても非常に重要なポイントなのです。

ですが、あなたは「アンラーニングと言われても、それなりのものを積み上げてきているのに・・・」と思われるかもしれません。たしかに、実績は実績として、聞かれた時にはぜひアピールしてください。アンラーニングの本質は、培ったものを捨て去ることではなく、「今までの成功体験に拘泥せず、これまで見聞きしてきたものだけからジャッジはしないこと」にあります。大事なのは、今から入ろうとしている環境は今までとは違うことを前提に「真にフィットしようとする行動と意志」を持つこと。これこそが、30代に求められるアンラーニングだと理解してください。

そして、入社してからの振る舞いにおいてだけではなく、転職活動の段階からアンラーニングの覚悟を持っていなければなりません。たとえば、キャリアカウンセリングの面談で当社から「この会社は今こういうことに困っていて・・・」とお伝えしようとすると、「はいはい、分かります(よくあることですよね)」などと言われる方がいらっしゃいます。こうした早合点のコミュニケーションは、特にベンチャー企業では不安や不信を招きやすいもの。必ず1から10まで聞き、11がないかを確認してから自分の見解を経験から述べるような姿勢が、採用面接においては必要です。

 

1分で登録完了!転職のプロがあなたをサポート無料転職相談無料転職相談

成功する転職活動のポイントは「可能性への興味」と「NGから学ぶ姿勢」

また、当社がベンチャー企業の採用支援を数多く行ってきた経験から、30代でのベンチャー転職を成功させた人に共通する転職活動のポイントが、2つあります。

まず、軸となる経験や実績を基にしつつも、基本的に好奇心をもって案件と向き合えること。たとえば、ずっと携わってきた業界以外の求人に対しても、これは面白そう、ありかもしれないなどと、対象を狭めてしまわずにいろいろな可能性を考えられるといったことです。

もう一つが、内定が得られなかったときに、そのNGの理由から学べること。面接などを経て、見送られてしまったときに「この会社が自分には合わなかったんだ」「今回はご縁がなかっただけ」などと流してしまわずに、なぜダメだったのか、受け入れられなかったのかを振り返って見つめなおし、それを学びとして、次に活かせることが大事なのです。

30代のベンチャー転職活動では、ぜひこの2点を意識してみてください。

転職活動を通じて身につけるべき、3つの覚悟

最終的に、30代でベンチャー企業への転職を考えるときには、3つの覚悟が必要といえます。それは「担う覚悟」と「もたらす覚悟」、そして「変化する覚悟」です。

あなたはこれから、組織や事業、会社を「担いに」行くのです。急成長しようとしているベンチャー企業の勢いに乗っかるような気持ちでは、絶対にいけません。あなた自身が成長のエンジンたることが求められています。
「もたらす」ことも大事なポイントで、自分の知見・経験を基にしながら、組織に、さらに世の中に「還元」していくのです。あなたが学びに、知見を受け取りにいくのではないのです。
そのうえで、なお「変化する」ことも求められています。実績を基にして期待されているから内定が出るのですが、だからといってあなたがすでに完成しきっているわけではありません。ましてやベンチャーという柔らかい組織のなかで、大企業のカルチャーでは考えられないような判断や行動を求められることもあるでしょう。そこで固執せず、変化し、さらに成長していこうという覚悟が必要です。

この3つの覚悟は、転職活動を通じて身につけていただくのでも十分に間に合います。人材エージェントのアドバイスなどから、気づきを得ていけるでしょう。30代ならではのポイントを意識しながら転職活動を行い、あなたのキャリアや人生をより豊かなものにしてください。

1分で登録完了!転職のプロがあなたをサポート

無料転職相談
無料転職相談

プロコミットの転職支援サービスの流れ

1

無料転職相談へのご登録

求人状況を確認し、面談のご案内をお送りします

2

コンサルタントと面談

転職のご要望や将来のイメージをお伺いします

3

求人情報のご提供

あなたのキャリアに最適な求人情報をご紹介します

4

企業へのご推薦と進捗

面接日の調整や面接対策もお任せください

5

内定前後のサポート

勤務条件の交渉や円満な退職をサポートします

転職に役立つ最新情報をメルマガで配信中!