<img height="1" width="1" style="display:none" src="https://www.facebook.com/tr?id=715506815159525&amp;ev=PageView&amp;noscript=1">

職種別キャリアガイド

スタートアップ/ベンチャー企業への転職

スタートアップ/ベンチャー企業は、事業や規模、成長ステージによって求める人材像が大きく異なります。スタートアップ/ベンチャー企業への転職をお考えの方に、業界の基礎知識や転職成功の秘訣、失敗しない転職活動のコツなどをご紹介します。

スタートアップ/ベンチャー企業への転職

    目次

スタートアップ/ベンチャー企業とは?

スタートアップ/ベンチャー企業とは、新たな市場を創出する、独創的な技術を有している、かつてないベネフィットを提供するなど、何らかの新規性を備え、高いレベルの成長に向けてチャレンジし続ける企業のことです。また、ベンチャーキャピタル(VC)やエンジェル投資家からの資金調達がメインで、将来的にIPOやM&Aによるイグジットを目指す企業が多いことも特徴のひとつです。

スタートアップとベンチャー企業を区分する明確な定義はなく、「ベンチャー企業」は日本独特の表現であるともいわれています。いずれにせよ、いわゆる中小企業と異なる点は、何らかの新規性をもとに極めて速いスピードでの成長を目指している点にあるといえます。

スタートアップ/ベンチャー企業がほしい人材とは

“不確実耐性”とフレキシビリティを備えた人材

新たな道を切り拓き、前例のない困難と隣り合わせのスタートアップ/ベンチャー企業にフィットする人材の条件は、不確実なものごとへの耐性を備えていることです。「やったことがないことに躊躇する」「先が見えないと動けない」といったタイプはどれだけ優秀であってもチームで機能しません。また、自身の専門領域に捉われず幅広い業務に対応できるフレキシビリティも、スタートアップ/ベンチャー企業に求められる重要な要件といえます。専門性を持ちつつも守備範囲が広い、もしくは守備範囲を拡げようとするフレキシビリティがあることが極めて重要です。

専門性ではない、「ベースの能力」が高い人材

スタートアップ/ベンチャー企業は新規性の高さゆえに、同業での経験を求めづらいのが実情です。そうしたときに必要なのは専門性や直接的な業務経験ではなく「ベースの仕事力」です。コンピュータに例えるなら、アプリケーションよりも、OSのレベルが高いことを重視するといったことです。地頭の良さやコミュニケーション能力の高さといった「ベースの能力」があれば、業務の専門性などは後から十分にキャッチアップできると考えて採用を行う企業も多くあります。

スタートアップ/ベンチャー企業へ転職する際は、ここをチェック!

転職後も成長するスタートアップ/ベンチャー企業を見極めるために、下記のポイントに注意して転職活動を進めるのが良いでしょう。

市場の成長性

その企業が主戦場とする市場の成長可能性が高いことが、第1のポイントです。市場の成長性が低いと「下りエスカレーターで、上に向かって全力疾走する」事態に陥りかねません。成長市場に軸足を置いている、あるいは、その市場が求める技術を有している企業でよい仕事をすれば、「上りエスカレーターを駆け上がる」という充実感を感じることができます。

メンバーの質

成長市場に軸足を置いている企業がすべて成功するとは限りません。同じ成長市場に複数の競合企業がいる場合のポイントは、チームの人材レベルです。現代においてはスタートアップであっても、チーム経営が重要です。経営者だけではなく、ボードメンバーのレベルもチェックしましょう。良いスタートアップはどういったバックグラウンドの人材が働いているのかといった情報を積極的に公開していますので、必ずチェックしたほうが良いでしょう。

資金調達先

ベンチャーキャピタル(VC)から資金調達をしている時点で、一定の審査をクリアした企業であるという客観的指標になります。また、IPOを前提として一定以上の規模に急成長することを目指すスタンスであることもわかります。ただし、審査基準はVCによって違いがあります。大企業系VCと独立系VCでは、目利きのレベルや投資後の経営に対するコミットメントの仕方が異なり、成功確率に差があります。どの企業がどのVCから資金調達をしているかはTechCrunchなどのニュースサイトでチェックできますので確認するとよいでしょう。

プロコミットのスタートアップ/ベンチャー企業への転職支援

プロコミットは、2005年から一貫してスタートアップ/ベンチャー企業に幹部候補人材を紹介してきた実績があります。

2005年当時はユニクロもまだ売上高約4000億円、米国のGAFA(Google、Apple、Facebook、Amazon)も今のようなプレーヤーではありませんでした。この時代から、日本のスタートアップがどのような人材を採用し、どのように成長してきたか、転職者がスタートアップ/ベンチャー企業に入社後何が起きるのかを一貫して見てきました。

すべてリアリティを持ってお伝えできます。ご本人の不確実耐性、リスク許容度、ご経験、ご希望に応じて、数多くの求人案件から最適なフェーズのスタートアップ/ベンチャー企業をご紹介できます。

プロコミットでは、スタートアップ/ベンチャー企業への転職にご興味のある方に、無料で転職相談を承っています。スタートアップ/ベンチャー企業を熟知したコンサルタントが、転職に関するアドバイスから企業情報紹介、面接のセッティング、内定前後の手続きまで一貫してサポートします。ご利用はすべて無料です。お気軽にご登録ください。

スタートアップ/ベンチャー企業への転職をサポート

無料転職相談
無料転職相談

プロコミットの転職支援サービスの流れ

1

無料転職相談へのご登録

求人状況を確認し、面談のご案内をお送りします

2

コンサルタントと面談

転職のご要望や将来のイメージをお伺いします

3

求人情報のご提供

あなたのキャリアに最適な求人情報をご紹介します

4

企業へのご推薦と進捗

面接日の調整や面接対策もお任せください

5

内定前後のサポート

勤務条件の交渉や円満な退職をサポートします

転職に役立つ最新情報をメルマガで配信中!