<img height="1" width="1" style="display:none" src="https://www.facebook.com/tr?id=1111921015674047&amp;ev=PageView&amp;noscript=1">

導入事例

魅力ある採用サイトが作れたおかげで、「次世代リーダー」の直接応募を獲得

うどんの「丸亀製麺」や焼鳥の「とりどーる」など、多数のブランドを傘下に持つ株式会社トリドールホールディングス(以下、トリドール)。「ライフスタイル・グローバル企業」への転換をめざし、2025年に売上5000億円、外食業界で世界トップ10入りを目指すという目標を掲げています。国内外で多数のM&Aを行い、多様な事業を展開中。

そのために、さまざまな人材を必要とした経営企画室では、採用ブランディングを見直し、「次世代リーダー」という、これまでの同社にはいない層の採用に向け、今までと異なるメッセージを発する必要から、iRecで採用サイトを立ち上げました。その成果として求める人材が続々加わり、転職市場でも今や一目置かれる存在に。

今回は経営企画室から、iRecの導入を決められた常務取締役の小林寛之さん、サイトの立ち上げを担当された五味愛子さん、現在運用を引き継がれている上村直也さん、この採用サイトを見て入社を決められた足谷一洸さんの4名に、iRecについてざっくばらんに語り合っていただきました。

ポイント
  • ウェブサイトをゼロから立ち上げる「労力・コスト」が不要
  • 採用サイトに最適化されたデザインが即日利用可能
  • 「スピーディーな作成・運用」で、常にフレッシュなコンテンツを候補者にアピール
  • サイト担当者のスキルを問わない「簡単設計」

求人メディアに頼りすぎず、自社発信の採用サイトで会社の魅力や方向性をアピール

iRecで採用サイトをリニューアルした成果は、いかがでしたか?

小林さん:ここにいる足谷さんが、このサイトを見て入社してくれました(笑)。

足谷さん:そうなんです、まさにそのとおりです。

それは、どのような経緯で?

足谷さん:販売統括会社出向から広島に戻ったら、会社の近くに「丸亀製麺」のお店が新しくできていました。それで気になってトリドールの採用サイトを覗いてみたところ、一流のコンサルファームや監査法人などの出身者が何人も載っていて、この会社はタダモノじゃないなと(笑)。結局そのまま、求人メディアや人材紹介会社を介さず採用サイトを通じて応募、転職に至ったわけです。

img_toridoll_a

経営企画本部 足谷一洸さん

採用サイトは、なぜ重要だと思いますか?

上村さん:日本は求人メディアや人材紹介会社が発達しているので、採用手法もそれに頼ってしまいがちですが、本来、採用のスタンスというのは会社の顔であり、看板のようなもの。自社でサイトを持って、主体性を持ってメッセージを伝えていくべきでしょう。

五味さん:採用サイトって、そういうものですよね。私が名古屋で転職活動をしていた時にも、もっとちゃんと企業の採用サイトを読み込めばよかったと思います。面接で自分が感じたことだけが判断材料でしたから。会社の採用サイトで、任されるかもしれない仕事の内容や、その会社がどういう段階なのかなどを事前に知っておけば、面接ではさらに深い話ができますよね。

足谷さん:僕も地方本社のメーカーにいながらの転職活動でしたし、その前は駐在していましたから、本命の情報源はその会社のオフィシャルサイトでしたね。地方から東京に面接に行くのはそれなりに苦労ですから、事前に採用サイトでかなりリアルな情報に触れられたのはよかった。かなり期待して、楽しみに上京して面接を受けました。

五味さん:採用活動をしていても、採用サイトの内容を読んできてくれている人とは有意義な面談になりますね。「あの五味さんですね」と言ってくれて(笑)、なので、採用サイトの記事で発信した以降の近況から話せばよいですし、記事の内容を踏まえて皆さん、質問も用意してこられます。その結果、かなり深い話をたっぷりすることができており、面接が有意義なものになりました。

img_toridoll_g

経営企画本部 五味愛子さん

採用サイトにおいては、何がポイントだと思いますか?

小林さん:会社の魅力や方向性を打ち出すことが大切だと思います。トリドールでは、あの採用サイトを見て入社してくれたメンバーが、今度は社員紹介のページでトリドールでの仕事を語り、人事と一緒に採用面接を行っているので、非常に効果的なサイクルが回っています。

鮮度を重視した「多様な社員インタビュー」で候補者の心をつかみ、面接でさらに深い話を展開できるように

iRecを選ばれたのは、なぜですか?

小林さん:ウェブサイトをゼロから立ち上げるような、労力・コストはかけたくありませんでした。採用サイトのリニューアルというと、本当に大作業ですから。要件定義をし、見積もりを取り、内容を企画し、デザインし、コーディングを待ち… とやっていると時間もコストもものすごくかかります。作成・運用が自分たちでできてスピーディーだったところがiRecの決め手です。

外部の制作会社さん経由ですと、採用サイトの微修正で手間をかけるのは申し訳ないなと思っていました。今後まだまだメンバーが増え、コンテンツが増えることを考えると、柔軟性・拡張性をもってサイトを育てていけることも重視しました。

img_toridoll_k

常務取締役 小林寛之さん

立ち上げにあたっての制作は、どのようにされたのですか?

五味さん:私が担当しました。ITアレルギーの私が(笑)。女子がよくやるSNSもほとんどやらないのですが、iRecはそんな私でも感覚的に触ることができ、入力フォームにテキストを入れて写真を指定する程度なので、助かりました。サポート体制もすごくよかったですし。

iRecを活用して採用サイトをどのように運用していますか?

小林さん:社員インタビューの鮮度を重視しています。経営企画室に新しいメンバーが数人入ったら、インタビューして写真を撮影し、採用サイトにアップするのがルーティンです。

五味さん:こまめに更新しています。おかげで、サイトが「活きた」印象なのではないでしょうか。今の時代、ちょっと放っておくだけで「古臭く」見えてしまうものです。その点でも、iRecの扱いやすさはメリットですね。

上村さん:あの社員インタビューの内容は、自由に話している印象で好感もてますよね。いろんな視点があるから、サイトを見る人にとってもリアルに感じてもらいやすいのでは。img_toridoll_u

経営企画本部 上村直也さん

足谷さん:入社後も社内で話題ですよね。誰が何をやっているかが分かっていいし、こちらが思う以上に皆さん見ていて、よくネタにしてもらってます(笑)。

今後は、どう使っていかれますか?

足谷さん:早速、次の採用テーマがありまして。それをiRecでやりたいので、僕が担当します。トップページをブラッシュアップするとか、他媒体にリンクを飛ばすとかが簡単にできそうなので、いろいろ考えてみます。

今後もiRecを活用した採用の拡大が楽しみですね。本日はありがとうございました。