<img height="1" width="1" style="display:none" src="https://www.facebook.com/tr?id=1111921015674047&amp;ev=PageView&amp;noscript=1">
 

採用サイトを作るには、いくら費用がかかる?制作における「4大費用」とは?

4代費用40-70
    目次

制作会社に依頼すると、採用サイトにかかる費用は約300万円にも

採用サイトを新たに制作、あるいはリニューアルするには、どのくらいの「費用」がかかるものでしょうか。
これは制作の方法によって異なりますが、よくあるのは、今のウェブサイトの制作・運営している制作会社に依頼するケースでしょう。その場合、採用サイト制作の費用感としては、トータルで300万円前後といわれることが多いようです。

では、その約300万円という採用サイトの制作にかかる費用は、どういうものから成るでしょうか。
実は、「採用サイトの4大費用」というものがあります。それは、以下のようなもの。

  1. 構成費用
    ワイヤーフレーム(WF)と呼ばれる、何をどこにどのように収めるかのサイト設計図や動線を構築する費用です。
  2. デザイン費用
    要素のレイアウトやボタンの形、カラーやフォントなど、Webデザインの費用です。
  3. コーディング費用
    デザインしたものをウェブサイトとして動かすためのプログラミングにかかる費用です。
  4. コンテンツ制作費用
    サイトの内容を考えて情報や素材を集め、必要に応じて撮影や取材、インタビューを行って中身を作る費用です。

費用は「構成・デザイン・コーディング」より「コンテンツ制作」に軸足を置くべき

そして、実際の金額をみると、制作会社に依頼した場合には、1~3の費用の割合が大きくなりやすく、この3大費用が見積のほとんどを占めるでしょう。 ですが、採用サイトにおいて本質的に候補者に伝えたいことは何でしょうか。それは圧倒的に、4の「コンテンツ」です。あなたの会社ならではのものとして、費用をかけて作るべきものは、このコンテンツに他なりません。

ですから、採用サイトを制作する際には、費用配分において、十分にコンテンツ制作に費用を割ける設計になっているかどうかを気にしてください。過度に、構成やデザイン、コーディングの費用が高くなるような作り方をしてしまうと、採用サイトの制作費用はかさむ一方です。そうではなく、4大費用の中でも、本質的にもっとも大事なところに、費用配分としても重きを置いてもらいたいのです。

採用サイトに特化した制作ツールの活用で、費用の問題は解決

では、「構成」「デザイン」「コーディング」という3大費用を抑えるには、どうすればよいでしょうか。

一つ言えるのは、サイト制作のサービスやツールを活用することです。それも、採用サイトに特化したものを探すとよいでしょう。そうすれば、採用サイトでもっとも候補者に伝えるべきであり、他社との差別化ポイントとなって、あなたの会社が求める人材に出会い、自社に興味をもってもらうための「コンテンツ制作」に、費用を集中させることができます。採用サイトのコンテンツに必要な項目はおよそ10個程度に絞られており、ゼロから考える必要はありません。採用サイト専用の制作ツールを使うことでむしろ制作管理もグッとしやすくなるはず。もちろん、採用サイト制作全体の費用も大きく抑えられます。

この記事を読んだ方は、以下の記事も読んでいます。

採用サイトの制作、いったい何からやればよいのか?

採用サイトのコンテンツとして押さえるべき「鉄板の10項目」

採用サイト強化セット

最新情報をメルマガで配信中!