転職成功ノウハウ

面接での逆質問(何か質問はありますか?)を通して面接官が知りたいこと

面接でおなじみの「何か質問はありますか?」という面接官からの投げかけに対して、何と答えればよいかと頭を悩ます転職希望の方は多いものです。

大前提として、皆さんにお伝えしたい大事なことがあります。それは「何か質問はありますか?」と聞かれたら「必ず質問をしなければいけない」ということです。なぜかというと、この質問に答えないと、応募企業に興味を持っていないとみなされてしまい、面接官の印象がよくなることはありません。

それでは、面接官はこの質問で何を判断しているのか、応募者はどんな質問をすればよいのかをお伝えします。

面接での逆質問(何か質問はありますか?)を通して面接官が知りたいこと

    目次

企業は何を見ているのか

面接官は、「何か質問はありますか?」という問いをすることによって「何を質問してくるのか」「どのように質問してくるのか」の2つを見ています。

「何を」質問してくるのか

「何を質問してくるのか」、つまり質問の内容には応募者の意識が表れます。応募者がその企業に対して、どのような点に、どれくらいのレベル感で興味を持っているのかを把握しようとしています。つまり、質問の内容から、あなたが応募企業に対して正確に情報を把握しており、なおかつ高いレベルで興味を持っていることが分かれば、面接官の応募者を採用したいという意向が高まるのです。

この点に着目すると、おのずとよくない質問の条件が浮かび上がってきます。それは以下の2つに分けられます。

NG質問 その1:調べればわかるようなこと

支店の所在地や始業時刻など、調べればわかるような事実を聞くことはよくありません。応募企業に興味がないと思われたり、「それくらいしか聞けないということは、能力が低い人なのではないか?」と疑われてしまったりする可能性があるのです。

NG質問 その2:労働条件

年収などの条件面に関する質問も注意が必要です。なぜなら、条件面を聞くと「この応募者は、当社の事業や理念に共感して入社したいわけではなく、結局、条件面で判断しようとしているのか」と思われてしまい、よい印象を与えることはできません。

反対に、よい質問の条件としては以下の2つが当てはまります。

調べて分からなかったことを教えてほしい

「御社の採用ページを拝見したのですが、○○についてもう少し詳しく知りたいと思いましたので教えてください」「社長メッセージに××と書かれていたのですが、それに付随する△△について教えてください」など、応募企業について調べていて、なおかつそれでも分からなかったことを知りたいという質問は、応募企業について強く興味を持っているということが把握できます。

入社して活躍することを考え、そこから逆算している質問

「入社したら○○の事業に携わりたいと考えていますが、私の××というスキルは活かせますか」など、入社してから活躍することを考えており、それと現在の自分を引きつけて考えていることが伺える質問は、応募者が高いレベルで応募企業のことを考えていると推測されるよい質問です。

「どのように」質問してくるのか

面接では、応募企業の今後の経営戦略など、踏み込んだことを聞く状況もあります。そういった質問は時に失礼だと思われてしまう可能性があります。そのため、面接官に悪い印象を与えないように聞き方を工夫しましょう。

例として、ある企業の海外事業部のポストを志望しているとします。応募企業の海外事業部について調べた結果、業績はアジアでは好調ですが、アメリカではほとんど展開されていないということが分かりました。この理由を聞きたいと思った場合、どのように質問するでしょうか。

NG質問方法の例


  • 「御社の海外事業部はアジアではうまくいっていますが、アメリカではうまくいっていないのですか?」

ストレートに聞いてしまっては、場合によっては欠点を指摘しているように取られてしまい、よい印象は持たれません。

OK質問方法の例


  • 「御社において、アメリカ市場はどんな位置付けなのでしょうか? これから拡大しようとしているのかなど、エリア別の戦略について教えてください」

この例のように聞き方や伝わり方に配慮し、面接官が快く回答できるように心がける必要があります。

こちらからの質問が与える印象は非常に大きい

面接の最後にこちらからする質問は、その内容次第で面接官に好印象を与えることもできますし、その反対に大きく減点されてしまうこともあります。最後の質問は、面接では非常に重要な意味を持っています。応募企業について十分に調べ、質問を用意し、対応できるようにしましょう。

1分で登録完了!転職のプロがあなたをサポート

無料転職相談
無料転職相談

プロコミットの転職支援サービスの流れ

1

無料転職相談へのご登録

求人状況を確認し、面談のご案内をお送りします

2

コンサルタントと面談

転職のご要望や将来のイメージをお伺いします

3

求人情報のご提供

あなたのキャリアに最適な求人情報をご紹介します

4

企業へのご推薦と進捗

面接日の調整や面接対策もお任せください

5

内定前後のサポート

勤務条件の交渉や円満な退職をサポートします

就職活動のステップ

転職に役立つ最新情報をメルマガで配信中!