<img height="1" width="1" style="display:none" src="https://www.facebook.com/tr?id=715506815159525&amp;ev=PageView&amp;noscript=1">

無料転職相談

企業の採用ご担当者はこちら

MENU

転職成功の秘訣

転職活動を成功させるには、ポイントポイントでしっかり考えることが重要です。
あなたの転職活動の段階に合わせてお使いください。

面接で「何か質問はありますか?」と聞かれたら

面接で「何か質問はありますか?」と聞かれたら

なぜ、戸惑うのか

何か質問はありますか、と聞かれて、 「ありません」とつい答えたくなるのは、無理もありません。面接中はどうしても企業側主導で進みがちですが、突然、場のイニシアティブが自分に移ってきたから戸惑うのです。

本当は、「質問がない」のではなく、「自分主導の場に戸惑う」ことにまず気づくことが大切です。

知りたいのは、自社への興味

「質問はありませんか」と聞くとき、面接官が知りたいことは2つです。それは、

  1. 自社に対する理解度
  2. 自社に対する興味の強さ

です。してはいけない質問を気にする方が多いのですが、「◯◯について質問すべきではない」という各論よりも、面接官が知りたい上記2点を念頭に置いて質問を投げかけるのが適切です。

何か質問はありますか?と聞かれた際に、いきなり給与や有給消化について質問しないほうがいいと言われるのはまさにこれです。その質問が好ましくないというよりは、その質問では、1も2も面接官には伝わらないことが問題なのです。

ではなにを質問するのか①…認識の確認を行う

面接前や面接中に獲得した情報について、「◯◯◯という理解をしましたが、合っていますでしょうか」というように、認識とすり合わせをする形の質問は、1と2に合致します。事前にどれほど綿密な準備をしていたとしても、面接中で得た新しい情報や理解があるはずです。この認識と事実の乖離がないか確認を行うことは有効です。面接官も、この面接で何がどれくらい伝わったのかを知りたいものです。

ではなにを質問するのか②…入社後のイメージをもつことができるようにする

「来月からこの会社に入社するとしたら、何が知りたいだろうか」を考えてみましょう。 入社を前提として、より具体的にイメージしてみたときに知りたいことを、質問にしてみてはどうでしょうか。これは、あなたの入社後のイメージを面接官と一緒に描くことであり、建設的なプロセスとなり得ます。

たとえば、一緒に働くチームの顔ぶれ、入社当初の業務イメージ、未経験職種の場合には研修内容や期間、また、半年後の業務範囲についてなど、入社を現実的に想定すると、知りたいことはたくさん出てくるはずです。その中で、特にあなたが大切にしている点や、クリアにしておきたい点について具体的に質問を行うとよいでしょう。ここで得た回答は、内定後に最後の選択をするにあたっての最重要ヒントになります。

相手に対する「興味」は重要か

「入社意向が高くなさそうだ」というのは十分な面接NG理由になります。いくつかの企業の面接を受けた後で、その会社に興味が出てきたとしても、面接時に「質問はありません」と回答したばかりに、面接NGになることはよくあります。実は、自分がやりたいことはその会社にありそうだと気づいたときにはすでに、面接NGの連絡が届いていたりするわけです。

なぜ、興味が大切なのでしょうか。それは、その会社のサービスやプロダクト、または会社そのものに興味を持てているということが、人が長く働き、活躍することにつながるからです。
企業は複数の応募者を抱えています。せっかく採用をするのならば、長期的な就業と活躍の期待できる応募者を探したいものです。だからこそ、面接で「質問はありませんか」と聞かれて、「ありません」と答えることは危険です。それは、「興味はありません」と言っているのと他ならないからです。

また、これまでお伝えしたことは、単に相手に合わせるための面接対策ではありません。
この質問によって、入社後に思い描いていたイメージとの大きなギャップが生じることを防げる可能性があるため、あなた自身にとっても、非常に重要なのです。

この記事をシェア

次の記事:退職交渉をスムーズに進めるための5つのポイント
転職活動はプロと一緒に。転職支援実績が豊富なプロコミットにご相談ください。

無料転職相談に申し込む

point1

無料で転職の
相談が可能

プロのコンサルタントが適切なアドバイスを行います。

point2

希望条件に
そった求人

スキル設計を踏まえて、ぴったりな求人をご紹介。

point3

一緒に走ります

転職活動を、コンサルタントがお手伝いさせて頂きます。

無料転職相談
転職成功事例
コラム
よくある質問

定期購読

採用活動が上手くいくための情報などを、定期的にメルマガで配信中です。