<img height="1" width="1" style="display:none" src="https://www.facebook.com/tr?id=715506815159525&amp;ev=PageView&amp;noscript=1">

無料転職相談

企業の採用ご担当者はこちら

MENU

転職成功の秘訣

転職活動を成功させるには、ポイントポイントでしっかり考えることが重要です。
あなたの転職活動の段階に合わせてお使いください。

「話が長い」はよくある面接NG理由です

「話が長い」はよくある面接NG理由です

「話が長い」とは、どういうことか

これは単に話の時間が長かったというよりも、「話の要点が掴めなかった」という評価に近いといえます。そのため次回の面接に進んでいただくための理由に乏しい、というNG理由に繋がるわけです。

採用企業の立場に立ってみてください。たとえば相手が面接をしながらメモを取るとします。その際に、話が一方的に長く続くわりに、言っていることの要点が掴めず、メモにならないとすれば、面接官はペンを置き、同時に面接通過の可能性も失います。
面接官は、「入社後も、この人と仕事をすると、長々と話す割に意思疎通ができないのだろうな」と懸念するからです。これはいわゆる、コミュニケーションコストの問題です。意思疎通をし、行動を前に進めるために、どれだけの対話が必要なのか、という問題なのです。的を射たやり取りで、クイックに本質的なコミュニケーションができる人と、そうでない人とでは、コミュニケーションコストの高低差は明確です。

改善方法ー1

重要なのは、「伝えたいことを箇条書きにするイメージを持つこと」「一度に全部伝えようとしないこと」です。

たとえば、
「ビルの横に大きなイチョウの木が立っています」というのと
「ビルの横に木が立っています。大きなイチョウの木です」というのであれば、後者のほうが聞き手に伝わります。1文が短く、文章の構成がシンプルだからです。
箇条書きにしたトピックスの1つ1つを、「1点目は~、2点目は~」という形で伝えるのもよいでしょう。
区切りなく話し続けてしまうと、今なにについて話しているのか、この話はどこまで続くかが相手にわからなくなってしまいます。

転職理由、志望動機、Q&Aなど、高い確率で問われる質問に対しては、その場で慌てて構成するよりも、事前に「①―――、②――――、③―――――」という箇条書きの要領でまとめておくことをおすすめします。

改善方法-2

話が長く感じられてしまうケースの多くは、相手にとって、話の結論が見えないことが原因です。「結論から話す」ことを心がけるだけでずいぶん改善できるのですが、面接向けにいきなりやろうと思っても無理があります。ではどうするのがよいでしょうか。

話が長くなる傾向を自覚しているとしたら、相手の質問を話の冒頭にもってくるだけで改善ができます。

面接官
「今回、転職を考えられたきっかけを教えて頂けますか」
あなた
「転職理由ですね…、」
面接官
「今回、弊社にお越しいただいた理由を教えて頂けますか」
あなた
「志望の動機ですね…、」

というように。 伝えたいことがたくさんある中で「短く伝える」ということは簡単ではありませんが、短文で伝えたあなたの強み、あなたを採用するメリットは、その採用について社内で協議するときの強力な武器となるといっても過言ではありません。

この記事をシェア

次の記事:面接で「何か質問はありますか?」と聞かれたら
転職活動はプロと一緒に。転職支援実績が豊富なプロコミットにご相談ください。

無料転職相談に申し込む

point1

無料で転職の
相談が可能

プロのコンサルタントが適切なアドバイスを行います。

point2

希望条件に
そった求人

スキル設計を踏まえて、ぴったりな求人をご紹介。

point3

一緒に走ります

転職活動を、コンサルタントがお手伝いさせて頂きます。

無料転職相談
転職成功事例
コラム
よくある質問

定期購読

採用活動が上手くいくための情報などを、定期的にメルマガで配信中です。